rotate

画像を回転 画像、テキスト、またはべた塗りのレイヤーを指定した角度だけ回転します。

rotate= *角度*

角度

回転角度(度単位、実数)

正の角度は時計回りに回転します。 レイヤーのアンカーポイント(anchor=またはcatalog::Anchor)が回転の中心となります。 必要に応じて、レイヤーの長方形を拡大し、回転したデータの周りにフィットさせて、切り抜きを防ぎます。 回転は、レイヤーの背景領域をcolor=で塗りつぶした後に適用されます。 bgColor= は、回転後に境界線の長方形に背景色を追加する場合に使用します。

プロパティ

レイヤーコマンド 現在の画層に適用されます。layer=compの場合は画層0に適用されます。 エフェクトレイヤーでは無視されます。

初期設定

rotate=0に設定します。回転は行われません。

画像カタログ内の画像の左上隅近くに「On Sale」ラベルを配置します。 ラベルの画像は300 x 300表示用に既に正しいサイズに設定されているので、左に30度回転する必要があります。 テキストボックスを白の半透明色で塗りつぶして、ラベルを強調します。

http:// *server*/myRootId/myImageId?scl=1&size=300,300&origin=-0.5,-0.5 &layer=1&src=labelImage&origin=-0.5,-0.5&rotate=-30&color=ffffff40

size=hei=を使用する代わりに、レイヤ0に<a0/>を適用して表示サイズを設定します。 wid=これにより、myImageIdの最終的なサイズを変更せずにlabelImageのサイズを変更できます。 また、scl=1を指定する必要があります。指定しないと、合成画像がattribute::DefaultPixに縮小される場合があります(0,0に設定されていない場合)。 color= 回転前に、テキストボックスに半透明の背景色を追加します。

両方のレイヤーの接触チャネルは、左上隅に設定され、目的の位置に合わせます。 レイヤー1の接触チャネル点は、回転後にlabelImageに適用されます。

回転したテキストの例については、テンプレート例Aを参照してください。

関連項目

anchor= , bgColor=, color=

このページ