rotate

画像を回転 画像、テキスト、またはべた塗りのレイヤーを指定した角度だけ回転します。

rotate= *角度*

角度

回転角度(度単位、実数)

正の角度は時計回りに回転します。 レイヤーのアンカーポイント(anchor=またはcatalog::Anchor)が回転の中心となります。 必要に応じて、レイヤーの長方形を拡大し、回転したデータの周りにフィットさせて、切り抜きを防ぎます。 回転は、レイヤーの背景領域をcolor=で塗りつぶした後に適用されます。 bgColor= は、回転後に境界線の長方形に背景色を追加する場合に使用します。

プロパティ

レイヤーコマンド 現在の画層に適用されます。layer=compの場合は画層0に適用されます。 エフェクトレイヤーでは無視されます。

初期設定

rotate=0に設定します。回転は行われません。

画像カタログ内の画像の左上隅近くに「On Sale」ラベルを配置します。 ラベルの画像は300 x 300表示用に既に正しいサイズに設定されているので、左に30度回転する必要があります。 テキストボックスを白の半透明色で塗りつぶして、ラベルを強調します。

http:// *server*/myRootId/myImageId?scl=1&size=300,300&origin=-0.5,-0.5 &layer=1&src=labelImage&origin=-0.5,-0.5&rotate=-30&color=ffffff40

size=hei=を使用する代わりに、レイヤ0にwid=を適用して表示サイズを設定します。 これにより、myImageIdの最終的なサイズを変更せずにlabelImageのサイズを変更できます。 また、scl=1を指定する必要があります。指定しないと、合成画像がattribute::DefaultPixに拡大縮小される場合があります(0,0に設定されていない場合)。 color= 回転前に、テキストボックスに半透明の背景色を追加します。

両方のレイヤーの接触チャネルは、左上隅に設定され、目的の位置に合わせます。 レイヤー1の接触チャネル点は、回転後にlabelImageに適用されます。

回転したテキストの例については、テンプレート例Aを参照してください。

関連項目

anchor= , bgColor=, color=

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now