pos

レイヤーの位置

pos= coord

posN= coordN

共謀者

このレイヤーの接触チャネルからレイヤー0の接触チャネルへのピクセルオフセット(整数、整数)。

coordN

このレイヤーの接触チャネルからレイヤー0の接触チャネルへの正規化オフセット(実数、実数)

画像、テキスト、べた塗りのレイヤーの場合、pos=は、レイヤー0のアンカーを基準にしたレイヤーアンカーの位置を指定します。 posN= 座標値は、実際のレイヤーの0 rectサイズを基準に正規化されます。

エフェクトレイヤーの場合、pos=は、エフェクトレイヤーを親レイヤーを基準にして移動します。

正の値を指定すると、レイヤーは右/下に向かって移動し、負の値を指定すると左/上に移動します。 posN=0.5,0.5 レイヤーを0の幅と高さの半分だけ下および右に移動します。

プロパティ

レイヤー属性。 layer=0またはlayer=compの場合は無視されます。

初期設定

posN=0,0. これにより、レイヤーアンカーが画像、テキストまたはべた塗りのレイヤーの場合、レイヤー0アンカーと同じ場所に配置されます。 エフェクトレイヤーを親レイヤーの真上または真下に配置します。

テンプレートの例Aを参照してください。

関連項目

接触チャネル=

このページ