perspective

遠近法変換 四辺形で指定した領域を塗りつぶすには、レイヤソース画像に遠近法の変換を適用します。 レイヤーのその他の領域は透明のままです。

perspective= * *[, *perspQuadresOptions*]

perspectiveN= * *[, *perspQuadNresOptions*]

perspQuad

遠近の四辺形のピクセル座標(8個の実数、コンマで区切る)。

perspQuadN

遠近法の四辺形の正規化座標(8個の実数、カンマで区切ります)。

resOptions

リサンプリングオプション(以下を参照)

perspQuad は、合成(またはレイヤ0)座標空間内の4つのピクセル座標値で構成され、合成画像の左上隅を起点とします。

perspQuadN は、4つの正規化された座標値で構成されます。この座標値は、合成/レイヤー0画像の左上隅と右下隅 0.0,0.01.0,1.0 相当します。

入力画像の左上隅がperspQuad[N]の第1の座標値、右上隅が第2の座標、右下隅が第3の座標、左下隅が第4の座標にマップされるように、入力画像が変換されます。

メモ

pos= を使用して、合成画像内の変換後のレイヤーをさらに配置することができます。

遠近の四辺形座標は、合成画像の外側に配置することができます。

四辺形が遠近法の変換に適していない場合(たとえば、2つ以上の頂点が一致する場合、3つ以上の頂点が同じ線上にある場合、または四辺形が自己交差または凹面の場合)、動作は未定義です。

品質に関する考慮事項

デフォルトの実装では、画質とパフォーマンスの間に妥当な違いが生じますが、場合によっては、シャープ性を高めたりエイリアシングアーチファクトを減らしたりするために、ソース画像の解像度を高くする必要があります。

ソースが画像の場合は、scale=を使用して、(画像の最大解像度を基準に)異なる解像度を選択します。 指定したscale=値は、次に高いPTIF解像度レベルに丸められます。 ネストされたリクエストソースの場合は、ネストされたリクエストによって生成される画像のサイズを調整して、希望のシャープを実現できます。 テキストレイヤーの場合、textAttr=で指定した解像度を増やすと同時に大きいsize=値を選択して、入力画像(レンダリングされたテキスト)の解像度を調整します。

resOptions 別の再サンプリングアルゴリズムを選択できます。次の値がサポートされています(大文字と小文字が区別されます)。

説明

R1

最も近い隣人。

R2

バイリニア法.

R3

標準のスーパーサンプリング(デフォルト)。

R3 Tn

調整可能なジッター( nは0 ~ 200の整数値)を持つスーパーサンプリング。

プロパティ

レイヤーコマンド 現在の画層に適用されます。layer=compの場合は画層0に適用されます。 エフェクトレイヤーでは無視されます。

res= は、同じレイヤーにパースペクティブがある場合は常に無視されます。size= は、画像レイヤーに対して指定した場合は無視されます。size= とのレイヤ res=perspective= は、将来的に使用するために予約されています。

初期設定

None(遠近法変換なし)。

関連項目

size=scale=pos=textAttr=

このページ