op_growMaskR

画像をディレート/エロードします。 形態素ディレート(半径> 0)または侵食(半径< 0)をマスクデータに適用します。

op_growMaskR= *radiusR*

radiusR

マスクがダウンサンプルされているかどうかに関係なく、 radiusRがそのまま適用されるピクセル単位のディレート/エロード半径(整数 —100 ~ 100)。

主に、マスクのエッジの周囲に生じるアーチファクトを回避するために、マスクを少し拡大または縮小するために使用します。

プロパティ

現在の画層に適用されます。または、layer=compの場合は画層0に適用されます。

初期設定

op_growMaskR=0(変更なし)。

関連項目

レイヤー効果

op_grow

op_growMask

このページ