op_grow

画像を拡大/縮小します。 画像データに形態素ディレート(半径> 0)またはエローデ(半径< 0)を適用します。

op_grow= *radius*

radius

半径をピクセル単位(整数 —100 ~ 100)で表示します。

* * 合成画像を基準とするピクセル単位の半径。画像がカラーの場合、各コンポーネントは個別に処理されます。

主に、レイヤー効果のサイズを変更するために使用します。 また、テキストレイヤーやマスク付きのソリッドカラーレイヤーに特殊効果を適用する場合にも便利です。

プロパティ

レイヤー属性。 layer=compの場合は、現在のレイヤーまたは合成画像に適用されます。

初期設定

op_grow=0(変更なし)。

関連項目

レイヤー効果

このページ