maskUse

最終更新日: 2023-08-22
  • 作成対象:
  • Developer
    User

画像マスクの使用方法。 画像のマスクまたはアルファチャンネルを画像に対する操作に使用する方法を指定します(例:colorize=)。 エフェクトレイヤーで指定すると、親レイヤーの背景領域または親レイヤーの長方形全体に効果を適用できます。

maskUse=norm|invert|off

次の表に、 maskUse= レイヤーイメージに関連付けられているマスク(アルファチャンネル)の使用可否と種類に応じて異なります。

マスクなし 関連付けられていないアルファ(または別のマスク画像) 関連(プリマルチプライ)アルファ

オフ

不透明な画像の長方形

不透明な画像の長方形

黒で塗りつぶされた長方形の上の画像の前景領域

norm

不透明な画像の長方形

画像の前景領域

画像またはレイヤーの前景領域

反転

非表示のレイヤー

画像の背景領域

黒で塗りつぶされた画像またはレイヤーの背景領域

プロパティ

画像またはレイヤの属性。 次の場合にレイヤー 0 に適用 layer=comp. エフェクトレイヤーで指定した場合は、親レイヤーから継承されたマスクが変更されます。

の動作 maskUse= 画像マスクが適用されない場合(で指定される場合)、テキストレイヤーまたはソリッドカラーレイヤーで指定された場合、は未定義でサポートされません。 mask= または catalog::Mask) をクリックします。

初期設定

maskUse=norm

画像の背景領域に色を付けます。画像の前景は別のマスク画像で定義されます。 これは、未変更の画像の場合に、色付きの画像の背景を上にレイヤーしておくことで実現します。

http://server/myRootId/myImageId?layer=1&src=myImageId&mask=myImgMask&maskUse=invert&colorize=0x306090

関連項目

color= , mask=

このページ