wid

ビューの幅。 fit=がリクエストに存在しない場合の応答画像(ビュー画像)の幅を指定します。

wid= *val*

val

画像の幅(ピクセル単位、0より大きい整数)

hei=scl=の両方を指定した場合、 align=属性に従って合成画像を切り抜くことができます。 fit=が存在する場合、wid=は応答画像の幅(最小値または最大値)を指定します。詳しくは、 fit=の説明を参照してください。

scl=を指定しない場合、合成画像は合わせて拡大縮小されます。 wid=hei=の両方を指定し、scl=を指定しない場合、画像はwid/heiの長方形内に収まるように拡大/縮小され、可能な限り背景領域が露出しないようになります。 この場合、画像はalign=属性に従ってビューの長方形内に配置されます。

メモ

計算された返信画像サイズまたはデフォルトの返信画像サイズがattribute::MaxPixより大きい場合は、エラーが返されます。

初期設定

wid=hei=scl=のいずれも指定されていない場合、返信画像は合成画像のサイズかattribute::DefaultPixのどちらか小さい方になります。

プロパティ

属性を表示します。 現在の画層設定に関係なく適用されます。

200 x 200の長方形に収まるように画像を要求します。画像が正方形でない場合は、右上揃えにします。 背景領域はattribute::BkgColorで塗りつぶされます。

http:// *server*/myRootId/myImageId?wid=200&hei=200&align=1,-1

同じ画像が、200ピクセルの固定幅で配信されますが、高さが可変で、画像の縦横比を維持します。 この場合、返される画像には背景の塗り領域はありません。 この場合、 align=はまったく効果を持ちません。

http:// *server*/myRootId/myImageId?wid=200

関連項目

hei=fit=scl=align=attribute::DefaultPixattribute::MaxPix

このページ