resMode

再サンプリングモード。 画像データの拡大/縮小に使用する再サンプリングや補間アルゴリズムを選択します。 また、ビュー変換時のテキストレイヤーの回転や合成画像のサイズ変更にも適用されます。

resMode=bilin|bicub|sharp2|bisharp

ビリン

標準のバイリニア補間を選択します。 最速の再サンプリング方法目に見えるエイリアスアーティファクトが一部発生します。

bicub

バイキュービック補間を選択します。 バイリニア補間よりも CPU 使用率が高くなりますが、目に見えるエイリアスアーティファクトが減少した、よりシャープな画像が得られます。

sharp2

補間アルゴリズムとして、変更された Lanczos Window 関数を選択します。 バイキュービック法よりも少しシャープな結果が得られ、CPU コストがかかります。 鋭い は、 sharp2 :エイリアシングアーティファクト (Moiré) が発生する可能性が低くなります。

二尖鋭の

Adobe Photoshopで「バイキュービックシャーパー」と呼ばれる、画像サイズを縮小するためのPhotoshopのデフォルトの再サンプリング方法を選択します。

重要

画像の縦横比を維持するには、 resMode=bisharp および fit=stretchを使用する場合は、「幅」パラメーターまたは「高さ」パラメーターを使用することをお勧めします。 両方のパラメータを定義する必要がある場合は、次の例に示すように、別のレイヤでラップできます。

/is/image/is/image/companyname?layer=0&src=is(companyname/imagename?wid=30&hei=30&fit=stretch)&resmode=bisharp

プロパティ

要求属性。 最終的な返信画像の作成に関連するすべての拡大/縮小操作に適用されます。これには、すべてのレイヤーの拡大/縮小も含まれます。

初期設定

attribute::ResMode

画像カタログに保存されているレイヤー画像の最高品質のレンディションを取得します。 画像にはテキストを含めることができます。 画像は、画像編集アプリケーションでさらに処理され、画像を使用してアルファチャンネルを要求する。

http:// *server*/myLayeredImage?fmt=tif-alpha,,lzw&resMode=sharp2&wid=1800

関連項目

attribute::ResMode

このページ