resMode

再サンプリングモード 画像データの拡大・縮小に使用する再サンプリングおよび/または補間アルゴリズムを選択します。 また、テキストレイヤーの回転や、表示変換中の合成画像のサイズ変更にも適用されます。

resMode=bilin|bicub|sharp2|bisharp

ビリン

標準バイリニア補間を選択します。 最も高速な再サンプル法です。ただし、いくつかのエイリアシングアーチファクトが多少目に付きます。

二頭の

バイキュービック補間を選択します。 バイリニア補間よりもCPU使用率が高くなりますが、エイリアシングアーチファクトが少ないシャープな画像が得られます。

sharp2

修正ランチョス窓関数を補間アルゴリズムとして選択します。 バイキュービック法よりも多少シャープな結果になりますが、CPU 使用率はさらに高くなります。 シャープ は、 sharp2に置き換えら れました。これは、エイリアシングアーチファクト(Moiré)を引き起こす可能性が低いからです。

ビシャープ

Adobe Photoshopで「バイキュービックシャープ」と呼ばれる、画像サイズを小さくするためのPhotoshopの初期設定のリサンプラを選択します。

プロパティ

要求属性。 最終的な返信画像の作成に関連するすべての拡大・縮小操作(すべてのレイヤーの拡大・縮小を含む)に適用されます。

初期設定

attribute::ResMode

画像カタログに保存されているレイヤー画像の最高品質のレンディションを取得します。 画像にはテキストが含まれる場合があります。 画像編集アプリケーションでさらに処理を行い、画像のアルファチャネルを要求します。

http:// *server*/myLayeredImage?fmt=tif-alpha,,lzw&resMode=sharp2&wid=1800

関連項目

attribute::ResMode

このページ