hei

表示の高さ fitがリクエストに存在しない場合に、応答画像(表示画像)の高さを指定します。

hei= *val*

var

画像の高さ(ピクセル単位、0より大きい整数)

wid=scl=の両方を指定した場合、align=属性に従って合成画像が切り抜かれる場合があります。 fit=が存在する場合、hei=は、完全一致、最小値、または最大応答画像の高さを指定します。詳しくは、 [fit=](/docs/dynamic-media-developer-resources/image-serving-api/image-serving-api/http-protocol-reference/command-reference/r-fit.html?lang=ja#reference-f11bff6d93d143d6b135de3a923bc989)の説明を参照してください。

scl=を指定しない場合、合成画像はサイズに合わせて調整されます。 wid=hei=の両方を指定し、scl=を指定しない場合、画像はwid/heiの長方形内に完全に収まるように拡大縮小され、できるだけ小さな背景領域が露出します。この場合、画像はalign=属性に従って表示の長方形内に配置されます。 背景領域はbgc=で塗りつぶされます。指定しない場合はattribute::BkgColorで塗りつぶされます。

メモ

計算された返信画像のサイズがattribute::MaxPixより大きい場合は、エラーが返されます。

プロパティ

表示属性。 現在のレイヤー設定に関係なく適用されます。

初期設定

wid=hei=scl=のいずれも指定されていない場合、返信画像は合成画像のサイズかattribute::DefaultPixのいずれか小さい方のサイズを持ちます。

200 x 200の長方形に合わせるように画像を要求します。画像が正方形でない場合は、左上揃えにします。 背景領域はすべてattribute::BkgColorで塗りつぶされます。

http://server/myRootId/myImageId?wid=200&hei=200&align=-1,-1

同じ画像が、200ピクセルの固定高さで配信されますが、画像の縦横比に合わせて可変幅で配信されます。 この場合、返される画像には背景の塗り領域がありません。 この場合align=は全く効果がないことに注意してください。

http://server/myRootId/myImageId?hei=200

関連項目

id= , fit= , scl=align= , lign=align= , bgc=, ngc ngc=ngn ng=natribute: Pix Pix Default, pix max, pix

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now