id

最終更新日: 2023-11-03
  • 作成対象:
  • Developer
    User

画像/メタデータのバージョン。 頻繁に変化するコンテンツを操作する場合、Akamai、ブラウザーキャッシュ、会社のプロキシサーバーキャッシュなどのキャッシュネットワーク内のサーバーには、画像サービング応答が格納されますが、この応答は一定期間古くなっている可能性があります。

id= *val*

val

バージョン文字列。

画像サービングにはバージョン管理メカニズムが含まれており、アプリケーションで古いキャッシュエントリが使用される可能性を減らすことができます。 このメカニズムは、 req=props 画像データおよびメタデータ(画像マップやズームターゲットデータなど)のバージョン識別子文字列を取得する。 次に、バージョン識別子文字列が、 id= コマンドを使用します。

ソース画像またはメタデータが変更されると、対応するバージョン ID の値も変更されます。 最新のバージョン ID 値を id= コマンドを使用して、古いキャッシュエントリにアクセスできなくなります。

次の表に、それぞれに使用するバージョン識別子文字列を示します req= 型:

req=type req=props のバージョン識別子

img

image.version

マップ

metadata.version

マスク

image.version

ターゲット

metadata.version

tmb

image.version

userdata

metadata.version

xmp

image.version

req= 上記のリストにないタイプは、短い TTL ( attribute::NonImgExpiration) またはその応答は、まったくキャッシュできません。 id= を設定します。

プロパティ

要求属性。 オプション。サーバーでは常に無視されます。

初期設定

なし

詳しくは、 rect= 例:使用方法。

関連トピック

req= , rect=, catalog::Expiration, attribute::NonImgExpiration

このページ