flip

レイヤーを反転 切り抜き=を適用した後、回転=と延長=を適用した後に、レイヤーを水平方向、垂直方向または両方向に反転します。

flip=lr|ud|lrud

lr

レイヤーを水平方向に反転(左右)

ud

レイヤーを垂直方向に反転(上下)

ラード

水平方向と垂直方向の両方に反転します。

また、テキストレイヤーにも適用できます。

extend=を含む一部のコマンドは、layer=compが選択された場合に、複合レイヤーではなくレイヤー0に暗黙的に適用されます。 このような場合、画層0に自動的に割り当てられるすべてのコマンドは、layer=compに適用されるコマンドの前に適用されます。 したがって、layer=compの場合、flip=の前にextend=が適用されます。

メモ

反転したレイヤーは、レイヤーアンカーに基づいて配置されます。flip=の値を変えると、アンカーがレイヤーの中心にない場合に、レイヤーの位置が異なります。

プロパティ

レイヤーコマンド layer=compの場合は、現在のレイヤーまたは合成画像に適用されます。 エフェクトレイヤーでは無視されます。

初期設定

なし

関連項目

rotate= , anchor=

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now