effect

「効果レイヤー」を選択します。 効果レイヤーを選択し、要求文字列内の新しいレイヤーセグメントを開始します。このレイヤーセグメントは現在のレイヤーに関連付けられています。

effect= *n*

n

エフェクトレイヤー番号(整数0以外)

新しいセグメント内のすべてのコマンドが、指定した効果レイヤーに適用されます。 エフェクトレイヤーセグメントは、次のlayer=コマンドまたはeffect=コマンドによって、または要求の終わりによって終了されます。

n は、外側のレイヤー効果(親レイヤーの背後の効果)に対しては0より小さく、内側のレイヤー効果(親レイヤー内の効果)に対しては0より大きい値に設定する必要があります。エフェクトレイヤー番号は、連続している必要はありません。

エフェクトレイヤー番号は、同じ親レイヤーに対して複数のエフェクトレイヤーがある場合のz順序を指定します。 番号の大きいレイヤーは、番号の小さいレイヤーの上に配置されます。

エフェクトレイヤはlayer=compにアタッチできます。

プロパティ

エフェクトレイヤーコマンド n は0にできません。

初期設定

なし

…&layer=5&src=/myCat/myImage&size=200,200&effect=-1&$shadow$&…

関連項目

[layer=](../../../../../is-api/http-ref/image-serving-api-ref/c-http-protocol-reference/c-command-reference/r-layer.md#reference-0f8d7fbef64841dd855917bd8fc22e6d)

このページ