cropPathE

埋め込まれた名前付きパスのバウンディングボックスに切り抜くことができます。 次に、画像のサイズを切り抜きます。

cropPathE= * **[, *pathNamepathName*]

pathName

レイヤーソース画像に埋め込まれたパスの名前(ASCIIのみ)

pathNameは、レイヤーソース画像に埋め込まれたパスの名前です。 パスは、画像コンテンツとの相対的な位置揃えを維持するために、必要に応じて自動的に変換されます。 複数の pathNameを指定した場合、サーバは各パスのバウンディングボックスを1つずつ切り抜きます。 ソース画像内に pathNameが見つからない場合は無視されます。

プロパティ

レイヤー属性。 layer=compの場合は、現在のレイヤーまたは合成画像に適用されます。 エフェクトレイヤーでは無視されます。

cropPathE= は、指定した名前のパスがレイヤーソース画像内に見つからない場合、またはレイヤーソースが画像でない場合は無視されます。

初期設定

なし(レイヤーの切り抜きを行わない)。

関連項目

切り抜きclipPathE

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now