req

リクエストタイプ。 リクエストのタイプを指定します。

req={validate|contents|oversetstatus|exists}

説明

検証

指定されたURL修飾子を使用してfxgをレンダリングすると、エラーが返されます。

内容

s7:element属性値とfxgドキュメント内のすべてのページのリストを持つすべての要素のxmlリストを返します。

oversetstatus

<RichText/>要素がオーバーセットされたXMLリストを返します。

クライアント側で処理するためにオーバーセットされた <RichText/>要素のxmlリストを返します。 オーバーセットされた <RichText/>要素のみが返されます。 s7: elementidは、 <richtext /> req=oversetstatus を使用する場合に必須の属性です。 s7:elementidを持たないオーバーセット <RichText/>要素はリストに表示されません。 リスト内の各 <RichText/>要素には、 s7:elementid s7:endCharIndexおよびオーバーセットテキストフレームのバウンディングボックスが含まれます。 s7:endCharIndex属性は、ストーリー内でテキストがフレームに収まるまでのテキストインデックスを示します。 Req=oversetstatusonly は、要求されたFXG <richtext /> 内の要素に適用されます。埋め込みFXGの <RichText/>要素は一覧表示されません。

存在

req=exists[,text|javascript|xml|{json[&id=reqId]}]

reqId一意のリクエスト識別子

catalogRecord.existsという名前の単一のプロパティを返します。 指定したカタログエントリが画像またはデフォルトのカタログに存在する場合、プロパティ値は「1」に設定され、それ以外の場合は「0」に設定されます。 /is/contentコンテキストに対するreq=existsリクエストは、静的コンテンツカタログ内の指定されたレコードの有無を示します。

このページ