wid

表示の幅。 返信画像(表示画像)の幅を指定します。

wid= *val*

val

画像の幅(ピクセル単位、0より大きい整数)、

初期設定

wid=hei=scale=のいずれも指定されていない場合、返信表示はFXGファイルで指定されているデフォルトの画像サイズになります。

ラスター形式は、[既定の表示サイズ](または[既定のPIX]設定)を使用してレンダリングされます。 アプリケーション設定/公開設定/Image Server​をクリックし、幅と高さの値を入力します。 サイズを小さくすると、パフォーマンスが向上します。 変更を適用するには、設定を保存し、画像サービング公開を実行する必要があります。

scale=1コマンドを適用すると、FXGで指定されたサイズでラスター形式の要求がレンダリングされます。

http://server/is/agm/myRootId/myImageId?wid=200

形式を指定しない限り、画像はSWFファイルとしてレンダリングされます。 この場合、SWFは通常ブラウザーウィンドウのサイズに拡張されるので、高さと幅は意味を持ちません。 その結果、heiとwidはラスター形式またはPDF形式にのみ適用されます。 ラスター形式には次のものがあります。

  • GIF
  • TIF
  • PNG
  • JPG
  • JPEG
  • GIF-alpha
  • TIF-alpha
  • PNG-alpha

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now