setAttr

指定したs7:elementIDの任意の属性を設定します。

setAttr.elementID={ *[!DNL attributeName]*= *[!DNL attributeValue]*, *[!DNL attributeName]*= *[!DNL AttributeValue]*…}

FXGノード要素にs7:elementIDが定義されている場合は、そのノードの属性を操作できます。 属性/値のペアは必要な数だけ設定できます。 属性はFXGで既に定義する必要はありませんが、ノード要素に対して有効である必要があります。 {}の範囲内の値はすべてエスケープする必要があります。

s7:elementID="Group1"属性がBitmapGraphicノードに対して定義されている場合、次の値が有効であるとします。

&setAttr.Group1={x=250%26y=170%26rotation=90%26scaleX=1%26scaleY=0.5}

次の例では、BitmapGraphicに​xyrotationscaleXscaleY​を設定し、既存の値を上書きします。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free