setAttr.rootElement

属性をFXGルート要素に設定します。

setAttr.rootElement={ *[!DNL attributeName]*= *[!DNL attributeValue]*%26 *[!DNL attributeName]*= *[!DNL attributeValue]*}

このコマンドは、ルート要素の属性を操作できます。

次のルート要素がある場合:

<Graphic version="1.0" viewHeight="692" viewWidth="792" s7:appVersion="1.0.0.11" ai:appVersion="14.0.0.367" d:id="1" xmlns="http://ns.adobe.com/fxg/2008" xmlns:ai="http://ns.adobe.com/ai/2008" xmlns:d="http://ns.adobe.com/fxg/2008/dt" xmlns:s7="http://ns.adobe.com/S7FXG/2008">

次のコマンドを適用した後:

setAttr.rootElement={viewHeight=300%26viewWidth=200}

ルート要素は次のように変更されました。

<Graphic xmlns="http://ns.adobe.com/fxg/2008" xmlns:ai="http://ns.adobe.com/ai/2008" xmlns:d="http://ns.adobe.com/fxg/2008/dt" xmlns:s7="http://ns.adobe.com/S7FXG/2008" ai:appVersion="14.0.0.367" d:id="1" s7:appVersion="1.0.0.11" version="1.0" viewHeight="300" viewWidth="200">

このページ