SVG

この節の設定は、SVGレンダリングが必要な場合にのみ考慮する必要があります。

SV::SvgHeapSize - SVGヒープサイズ

SVGレンダラーのJavaヒープサイズです。 デフォルトは「200m」(200Mバイト)です。

PS::svgProvider.rootPaths - SVGデータルートフォルダー

SVGソースデータファイルの場所です。 絶対ファイルパスまたは​install_folder​を基準とするパスを、セミコロンで区切って1つ以上指定できます。 通常はIS::RootPathと同じ値に設定します。

PS::svgProvider.SVGFileSizeLimit - SVGファイルの最大サイズ

SVGソースファイルの最大サイズ(kBytes)。 この制限を超えるSVGファイルのレンダリングを試みると、サーバーはエラーを返します。 デフォルトは1024 KBです。

IS::SvgMAxRenderRgnPixels - SVG出力画像サイズの制限

SVGRenderで生成できる画像のサイズを制限します。 0(ピクセル単位)より大きい整数値。 レンダリング操作がサイズ制限を超える場合は、エラーが返されます。 初期設定は 4。

PS::svgProvider.port — プラットフォームサーバーリスニングポート

SvgRenderで画像を取得してSVGレンダリングに埋め込むために使用するポート。

重要SVGRenderコンポーネントを正しく機能させるために、この設定オプションはTC::PsPortと同じ値に設定する必要があります。

PS::svgProvider.fontRoot - SVGフォントファイルフォルダー

SVGテキストのレンダリングに必要なフォントファイルをSvgRenderが見つける場所を指定します。通常、IS::RootPathsで指定されたパスの1つです。 初期設定は*[!DNL install_folder]*/imagesです。

SVG::SVGRender.port, IS::SVGTcpPort - SVG通信ポート

Image ServerとSVGRenderコンポーネントが通信するポートを設定します。

メモ

SVGRenderコンポーネントが正しく機能するためには、SVG::SVGRender.portIS::SVGTcpPortに同じポート番号を指定する必要があります。

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now