SVG

この節の設定は、SVGのレンダリングが必要な場合にのみ考慮する必要があります。

SV::SvgHeapSize - SVGヒープサイズ

SVGレンダラーのJavaヒープサイズです。 デフォルトは「200m」(200Mバイト)です。

PS::svgProvider.rootPaths - SVGデータルートフォルダー

SVGソースデータファイルの場所。 絶対ファイルパスまたは​install_folder​に対する相対パスを、セミコロンで区切って指定できます。 通常はIS::RootPathと同じ値に設定します。

PS::svgProvider.SVGFileSizeLimit - SVGファイルの最大サイズ

SVGソースファイルの最大サイズ(kBytes)。 この制限を超えるSVGファイルのレンダリングを試みると、サーバーはエラーを返します。 デフォルトは1024 KBです。

IS::SvgMAxRenderRgnPixels - SVG出力画像サイズの制限

SVGRenderで生成できる画像のサイズを制限します。 0より大きい整数値(百万ピクセル単位)。 レンダリング操作がサイズ制限を超える場合、エラーが返されます。 初期設定は 4。

PS::svgProvider.port — プラットフォームサーバーのリスニングポート

SVGレンダリングに埋め込む画像をPlatform Serverから取得するためにSvgRenderで使用されるポート。

重要SVGRenderコンポーネントを正しく機能させるには、この設定オプションをTC::PsPortと同じ値に設定する必要があります。

PS::svgProvider.fontRoot - SVGフォントファイルフォルダ

SVGテキストのレンダリングに必要なフォントファイルをSvgRenderが検索する場所を指定します。通常、IS::RootPathsで指定されたパスの1つ。 初期設定はinstall_folder/imagesです。

SVG::SVGRender.port, IS::SVGTcpPort - SVG通信ポート

Image ServerとSVGRenderコンポーネントが通信するポートを設定します。

メモ

SVGRenderコンポーネントを正しく機能させるには、SVG::SVGRender.portIS::SVGTcpPortに同じポート番号を指定する必要があります。

このページ