一般

一般的なサーバー設定

TC::PsPort — メインリスニングポート

Platform Server のメインリスニングポートを指定します。 また、このポートは、画像サービング、画像レンダリング、Dynamic Mediaビューア(インストールされている場合)のドキュメントおよび例ページへのアクセスにも使用されます。

IS::CacheServerUrl — サービスのルート URL をキャッシュする

Image Server がキャッシュサービスにアクセスできるようにする HTTP ルートパスを指定します。 をに設定する必要があります http://localhost:TC::PsPort /is/cache/secondary(ポート番号が一致する) TC::PsPort.

IS::RemoteUrlDefaultExpiration — リモートImage Sourceのデフォルト TTL

HTTP 経由でリモートソースから取得された、キャッシュされた画像の TTL ( src={…} 構築。 リモートサーバーの HTTP 応答に Expiration ヘッダーが含まれていない場合にのみ使用されます。 秒単位の整数値。

IS::RemoteUrlTimeout — リモートImage Sourceタイムアウト

Image Server が、リモートサーバーが要求されたイメージファイルを HTTP 経由で配信してからエラーを返すのを待機する時間です。 秒単位の整数値。

PS::allowDefaultCatalogRequests — デフォルトのカタログ要求を有効化/無効化

パスに有効なカタログ ID を含まない要求を許可しない場合は、false に設定します。 初期設定は true. に設定する場合 falseの場合、カタログ ID のないリクエストに対してエラーが返されます。

メモ

req=catalogprops はこの設定の対象ではありません。

PS::saveToFile.saveTimeout — ファイルの保存タイムアウト

のデフォルトのタイムアウト値 req=saveToFile when timeout=が指定されていません。 msec. 指定した時間内に保存操作が完了しなかった場合は、エラーが返されます。

このページ