エラーリダイレクト

これらのサーバー設定を使用して、エラーをリダイレクトします。

メモ

ネットパス内のパイプ文字(|)は、エラーのリダイレクトに対してはサポートされていません。

PS::errorRedirect.rootUrl — リダイレクトサーバー

ルートURL ( [HTTP:// domain[:port])をセカンダリImage Servingデプロイメント用に書き込みます。 この設定が空または定義されていない場合、エラーのリダイレクトは無効(デフォルト)になります。

PS::errorRedirect.connectTimeout — リダイレクト接続のタイムアウト

クライアントにエラーを返す前に、セカンダリサーバーとの接続が確立されるのをサーバーが待機する最大時間(ミリ秒)です。

PS::errorRedirect.socketTimeout — リダイレクト応答のタイムアウト

最大時間(ミリ秒)。セカンダリサーバーがデータを返すのを待ってから、リダイレクトリクエストを破棄してクライアントにエラーを返します。

このページ