コンテンツデータフォルダー

コンテンツデータフォルダに対して、これらのサーバ設定を使用します。

IS::RootPath — 画像データのルートフォルダ

画像、フォント、ICCプロファイルを含む、すべてのソースデータの場所。 絶対ファイルパスまたは​install_folder​に対する相対パスを、セミコロンで区切って指定できます。 空の場合は、install_folder​がデフォルトのルートになります。 複数の値を指定して、複数のファイルシステムにイメージデータを配分できます。 Image Serverは、要求されたファイルが見つかるまで、指定された順序でルートパスを試みます。

PS::staticContent.rootPath — 静的コンテンツデータのルートフォルダ

/is/staticコンテキスト経由で配信する静的コンテンツソースデータの場所。 絶対ファイルパスまたは​install_folder​に対する相対パスを、セミコロンで区切って指定できます。 空の場合は、install_folder​がデフォルトのルートになります。

複数の値をセミコロンで区切って指定し、複数のファイルシステムに静的コンテンツを配布できます。 通常、IS::RootPathと同じ値に設定します。

Platform Serverは、要求されたファイルが見つかるまで、指定された順序でルートパスを試みます。

メモ

デフォルトでは、このフィールドは意図的に存在しない場所([!DNL install_folder]/static)に設定され、静的コンテンツサービスが効果的に無効になっています。

IS::SaveDirectory — ファイルルートフォルダの保存

attribute::SavePathのルートパス(req=saveToFileで使用)。 Image Serverには、イメージファイルを作成するサブフォルダーの作成アクセス権限が必要です。

このページ