コンテンツデータフォルダー

コンテンツデータフォルダーには、次のサーバー設定を使用します。

IS::RootPath — イメージデータのルートフォルダ

画像、フォント、ICCプロファイルを含む、すべてのソースデータの場所。 絶対ファイルパスまたは​install_folder​を基準とするパスを、セミコロンで区切って1つ以上指定できます。 空の場合、install_folder​がデフォルトのルートです。 複数の値を指定して、複数のファイルシステムに画像データを配分できます。 要求されたファイルが見つかるまで、Image Serverは指定された順序でルートパスを試します。

PS::staticContent.rootPath — 静的コンテンツデータのルートフォルダー

/is/staticコンテキスト経由で配信される静的コンテンツソースデータの場所です。 絶対ファイルパスまたは​install_folder​を基準とするパスを、セミコロンで区切って1つ以上指定できます。 空の場合、install_folder​がデフォルトのルートです。

複数の値をセミコロンで区切って指定すると、静的なコンテンツを複数のファイルシステムに分散できます。 通常はIS::RootPathと同じ値に設定します。

プラットフォームサーバーは、要求されたファイルが見つかるまで、指定された順序でルートパスを試します。

メモ

デフォルトでは、このフィールドは意図的に存在しない場所([!DNL install_folder]/static)に設定され、静的コンテンツサービスが効果的に無効になっています。

IS::SaveDirectory — ファイルルートフォルダの保存

attribute::SavePathのルートパス(req=saveToFileで使用) Image Serverは、画像ファイルを作成するサブフォルダーの作成アクセス権限が必要です。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now