アクセスログ

アクセスのログ記録には、次のサーバー設定を使用します。

構文

TC::directory — ログファイルフォルダ

プラットフォームサーバーがログファイルを書き込むフォルダーです。 絶対パスまたは​install_folder​を基準とした相対パスを指定できます。 初期設定は​[!DNL install_folder/logs]です。

メモ

この設定を変更する前に、新しいフォルダーを作成する必要があります。 画像サービングがroot以外のユーザーアカウントで実行するようにインストールされている場合は、フォルダーに正しい読み取り/書き込みアクセス権限があることを確認してください。

TC::maxDays — ログファイルを保持する日数

ログファイルを保持する日数。 新しいログファイルは毎日午前0時に作成されます。 この時点で、サーバは、Image ServerまたはRender Serverが書き込むファイルを含め、指定した日数より古いログファイルフォルダ内のすべてのファイルを削除します。 初期設定は 10 です

TC::prefix — アクセスログファイル名

アクセスログデータの書き込み先となるファイルの名前プレフィックス。 日付とファイルサフィックス(yyyy-mm-dd.log)が指定した文字列に追加されます。 アクセスログファイルの名前は、トレースログファイルの名前とは異なる名前にする必要があります。 初期設定は " access-".

TC::pattern — アクセスログパターン

プラットフォームサーバーのアクセスログレコードのデータパターンを指定します。 パターン文字列は、対応する値で置換される変数を指定します。 パターン文字列内のその他すべての文字は、ログレコードに逐語的に転送されます。

キャッシュ・ウォームアップ・ユーティリティを使用するには、フィールドの区切り文字としてスペースを使用する必要があります。 プラットフォームサーバーでは、フィールド値内のスペースと「%」文字がすべて%20%25に置き換えられます。

次のパターン変数がサポートされています。

分割測光 説明

%a

リモートIPアドレス。

%A

ローカルIPアドレス。

%b

HTTPヘッダーを除く応答バイト数。0の場合は' '。

%B

HTTPヘッダーを除く応答バイト数。

%D

リクエストの処理時間(ミリ秒)。

%I

スレッドID(相互参照するデバッグ/エラーログエントリ用)。

%G

日付と時刻。形式は yyyy - MM - dd HH : mm : ss . SSS オフセット

SSS are msec, offset はGMTの時間オフセット);時間値は、応答がクライアントに送信されたときに取り込まれます。

%m

リクエストメソッド(GETPOSTなど)。

%O

リクエストの重複(同時に処理されるリクエストの数)

%p

この要求が受信されたローカルポート。

%q

クエリ文字列(「?」の前に付加) が存在する場合)。

%r

リクエストの最初の行(リクエストメソッド、URI、HTTPバージョン)。

%R

%r と同じですが、ログ解析の問題を回避するために、URIに限定的なHTTPエンコーディングを適用します。

%s

HTTP応答ステータスコード。

%S

ユーザーセッションID。

%t

日付と時刻(共通ログ形式)。

%u

認証済みのリモートユーザー(存在する場合)、それ以外の場合は".

%U

URIパス。

%v

ローカルサーバー名。

%T

リクエストの処理時間(秒)。

%{CacheKey}r

プラットフォームサーバーのキャッシュキー(キャッシュファイルのフォルダー/名前)。

%{CacheUse}r

プラットフォームサーバーのキャッシュ管理キーワード: { REUSED |作成済み |更新済み | REMOTE | REMOTE_CREATED | REMOTE_UPDATED | REMOTE_CACHE |検証済み | IGNORED | UNDEFINED } .

%{ContentType}r

応答のMIMEタイプ。

%{Context}r

コンテキストの転送が発生した場合の宛先コンテキスト。

%{Digest}r

etag 応答ヘッダー値(応答データのMD5署名)。

%{Exception}r

エラーメッセージ。

%{FetchTime}r

Image Serverからキャッシュエントリまたはデータを取得するのにかかる時間。

%{ParseTime}r

要求の解析および画像カタログ参照に要した時間。

%{PathBasedAccess}r

この要求がカタログシステム外でパスベースのアクセスを試みたかどうかを示します。

%{PeerServer}r

CacheUse REMOTE_CREATED でも REMOTE_UPDATED でもない場合、キャッシュエントリを配信したキャッシュクラスタ内のピアサーバーのIPアドレス。

%{ProcessingStatus}r

エラーカテゴリ:

  • 0=エラーなし。

  • 1=画像がサーバーで見つかりません。

  • 2=ISプロトコル使用エラーまたは1以外のコンテンツエラー。

  • 3=その他のサーバーエラー。

  • 4=一時的なサーバーの過負荷のため、要求が拒否されました。

%{ReqType}r

req= の大文字の値。

%{RootId}r

要求のメインカタログのルートID。

%{SendTime}r

出力ストリームにデータを書き込んだ後、プラットフォームサーバーが応答を送信するのにかかる時間です。

%{Size}r

%B のように、304(変更されていない)応答の値が含まれます。

%{TransformedUrl}r

すべてのルールセット変換の後の最終URL。

%{ httpRequestHeader }i

指定したHTTPリクエストヘッダーの値。

%{ httpResponseHeader }

指定したHTTP応答ヘッダーの値。

初期設定は です"%G %a %s %{ProcessingStatus}r %{Size}r %D %{ParseTime}r %{FetchTime}r %O %{ReqType}r '%{RootId}r' %{CacheUse}r %R [%I] '%{Referer}i' %{Host}i %{X-Forwarded-For}i %{If-None-Match}i %{If-Match}i %{If-Modified-Since}i %{Digest}r %{ContentType}r %p %{Exception}r %{CacheKey}r %{PeerServer}" %{SendTime}r %{Context}r %{TransformedUrl}r %{PathBasedAccess}r.

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free