サーバーログ

すべてのログファイルは、TC::directoryで指定された同じログフォルダーに書き込まれます。

ログファイルは通常、毎日作成および回転されます。 ログフォルダー内の古いログファイルは、指定日数(TC::maxDays)が経過すると自動的に削除されます。

重要:ディスク容量の不足を回避するために、ログファイル用に十分なディスク容量を確保する必要があります。 1 ~ 2 GB/日は、頻繁に使用されるサーバーとデフォルトのログ設定に必要な場合があります。

プラットフォームサーバとImage Serverは、以下に示す3種類のログファイルを作成します。

その他の画像サービングコンポーネントや、Scene7ビューアなどの特定のScene7パッケージでも、同じフォルダーにログファイルが作成される場合があります。 これらのログファイルはScene7社内での使用を目的としており、トラブルシューティングの目的でScene7サポートに依頼する場合があります。

関連項目

アクセスログデバッグ/トレースログ

このページ