SupervisorRegistry.xml

サーバーのスーパーバイザ構成設定が含まれます。

このXMLファイルを編集する場合は、有効なXML構文を維持してください。そうしないと、Image Serverで開始が失敗する場合があります。

このファイルを編集した後、画像サービングを再起動して、変更内容が有効になることを確認します。 変更は、以下にハイライトされている要素/属性の値のみがサポートされています。 このファイルの他の内容は、Scene7テクニカルサポートの指示があった場合にのみ編集してください。

<supervisor>
    <config>
        <tcpport>9910</tcpport>
        <log>SV::log</log>
        <temp>SV::temp</temp>
        <tracelevel>SV::tracelevel</tracelevel>
        <tracestatsinterval>600</tracestatsinterval>
    </config>
    <servers>
        <server id="is">
            <description>Scene7 Image Server</description>
            <profile ref="SV::ImageServerMode"/>
            <startPriority>1</startPriority>
            <startDelay>5</startDelay>
            <stopTimeout>60</stopTimeout>
        </server>
        <server id="svg">
            <description>Scene7 SVG server</description>
            <profile ref="Java32"/>
            <profile ref="SVG"/>
            <arguments>
                <argument>-XmxSV::SvgHeapSize</argument>
                <argument>-XX:MaxPermSize=200m</argument>
                <argument>-Dcom.sun.management.jmxremote.port=9998</argument>
            </arguments>
            <startPriority>1</startPriority>
            <startDelay>5</startDelay>
            <stopTimeout>60</stopTimeout>
        </server>
        <server id="ps">
            <description>Scene7 Platform Server</description>
            <profile ref="Java32"/>
            <profile ref="PlatformServer"/>
            <profile ref="Tomcat"/>
            <arguments>
                <argument>-XmxSV::PsHeapSize</argument>
                <argument>-XX:MaxPermSize=200m</argument>
                <argument>-Dcom.sun.management.jmxremote.port=9999</argument>
            </arguments>
            <startPriority>2</startPriority>
            <startDelay>5</startDelay>
            <stopTimeout>60</stopTimeout>
        </server>
    </servers>
</supervisor>

このページ