PlatformServer.conf

Platform Server設定が含まれます。

このファイルは、JAVAプロパティファイルです。 適切な規則に従うように注意しなければならない。そうしないと、Platform Serverの起動に失敗する場合があります。 Windowsのファイルパスでは、バックスラッシュ()の代わりに、バックスラッシュ(\)を二重に、またはスラッシュ(/)を1つ使用します。 このタイプのファイルでは、バックスラッシュがエスケープ文字として使用されます。

このファイルに対する変更は、ファイルを保存した後に有効になります。

PlatformServer.confでは、以下に示す設定のみを変更できます。 特定の設定がない場合は、ファイルの任意の場所に追加できます。 各設定のインスタンスは1つだけ存在します。

一般的なPlatform Serverの設定

cache.rootPaths=./cache

cache.maxEntries=1000000

cache.maxSize=1073741824

isConnection.port=27345

allowDefaultCatalogRequests=true

saveToFile.saveTimeout=60000

staticContent.rootPaths=./static-content

キャッシュクラスターの設定

cluster.hosts=<empty>

cacheCluster.queryTimeout=50

cacheCluster.fetchTimeout=10000

cacheCluster.updateLocalCache=true

リダイレクト設定エラー

errorRedirect.rootUrl=<empty>

errorRedirect.connectTimeout=1000

errorRedirect.socketTimeout=30000

SVGの設定

svgProvider.rootPaths=./イメージ

svgProvider.SVGFileSizeLimit=1024

svgProvider.port=8080

svgProvider.fontRoot=./イメージ

メディアセットの応答

fvctx.useCatalogRecordValidation=false

fvctx.nestingLimit=10

fvctx.brochureLimit=20

このページ