monitor.conf

監視/警告システムの設定が含まれます。

このファイルは、JAVAプロパティファイルです。 適切な規則に従うように注意しなければならない。そうしないと、Platform Serverの起動に失敗する場合があります。 このタイプのファイルではバックスラッシュがエスケープ文字として使用されるので、特に、Windowsのファイルパスではバックスラッシュ()の代わりに二重のバックスラッシュ()または1つのフォワードスラッシュ(/)を使用する必要があります。

このファイルに対する変更は、ファイルが保存された直後に有効になります。

一般

monitorAlertGenerator.enableGlobalAlerting=false

mailSender.host=127.0.0.1

mailSender.port=25

monitorAlertGenerator.messageTo=noone@scene7.com

monitorAlertGenerator.messageFrom=noone@scene7.com

monitorAlertGenerator.alertInterval=600000

monitorAlertGenerator.heapSpaceResetInterval=600000

monitorAlertGenerator.minTrafficForAlerts=0.0

アラートのしきい値

monitorAlertGenerator.maxAverageResponseTime=200

monitorAlertGenerator.maxErrorRate=0.05

monitorAlertGenerator.minRequestRate=0.0

monitorAlertGenerator.minFreeHeapSpace=52428800

monitorAlertGenerator.maxOverlap=20

monitorAlertGenerator.lockedThreshold=60000

このページ