ImageServerRegistry.xml

Image Serverの設定が含まれます。

このXMLファイルを変更する場合は、有効なXML構文を維持するように注意する必要があります。そうしないと、Image Serverで開始が失敗する場合があります。

変更を有効にするには、このファイルを編集した後でImage Serverを再起動します。 変更できるのは、次に示す要素の値のみです。 このファイルの他の内容は、Dynamic Mediaテクニカルサポートの指示に従う場合にのみ編集してください。

メモ

<imageserverregistry>の構造(要素の順序も含む)は変更しないでください。 このファイルを編集する場合は注意が必要です。注意が必要でないと、Image Serverの開始に失敗する場合があります。

次に、変更可能な要素を示します。 変更できない他の要素が存在する。 以下の要素の順序は、ファイル内に存在する必要がある順序を反映しません。

<imageserverregistry>
    <TcpPort> 27345 </TcpPort>    
    <RootPath ./images </RootPath>
    <TempDirectory ./temp </TempDirectory>
    <Log> ./logs/ImageServer.log </Log>
    <TraceClient> 2 </TraceClient>
    <TraceStatsInterval> 600 </TraceStatsInterval>
    <PhysicalMemory> 20 </PhysicalMemory>
    <WorkerThreads> 0 </WorkerThreads>
    <SVGTcpPort> 27346 </SVGTcpPort>
    <MaxRenderRgnPixels> 16 </MaxRenderRgnPixels>
    <MaxSavePixels> 100 </MaxSavePixels>
    <MaxMessageSize> 16 </MaxMessageSize>
    <CacheServerUrl> http://localhost:8080/is/cache/secondary </CacheServerUrl>
    <NumberOfTextServers> 0 </NumberOfTextServers>
    <TextServerTcpPortRange> 27347-27380 </TextServerTcpPortRange>
    <SaveDirectory> ./ </SaveDirectory>
    <RemoteUrlDefaultExpiration> 36000 </RemoteUrlDefaultExpiration>
    <RemoteUrlTimeout> 60 </RemoteUrlTimeout>
    <MaxNonDsfSize> 4 </MaxNonDsfSize>
</imageserverregistry>

説明

複数の<RootPath>要素が存在する場合があります(ソースデータファイルのフォルダーごとに1つずつ)。 Image Serverは、指定された順序でルートパスを検索し、特定のソースファイルを見つけます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now