ソースデータ

画像サービングのソースデータファイルには、画像ファイルとマスクファイル、フォント、ICCプロファイルが含まれます。

すべてのソースデータファイルは、Image Serverからアクセスできる必要があります。 画像サービングには、データファイルの場所を指定するための様々な代替オプションが用意されています。

*install_*/ * */ *folderrootPathfilePath*

rootPath

IS::RootPath/attribute::RootPath

filePath

catalogPath|requestPath

catalogPath

catalog::Path|catalog::MaskPath|icc::ProfilePath|font::FontPath|font::MetricsPath

requestPath

画像サービングHTTP要求で指定された相対的な画像ファイルのパスと名前

サーバは、絶対ファイルパスが確立されるまで、右から左へのパスセグメントを組み合わせます。

すべての *rootPath*セグメントは、空、相対、または絶対パスセグメントにすることができます。

* * catalog絶対パスまたは相対ファイルパス/名前を指定します。 *requestPathは、相対ファイルパスまたはファイル名で指定する必要があります。*

Multiple IS::RootPath の値は、ImageServerRegistry.xmlで(または管理インターフェイスを使用して)定義できます。これにより、ソース・データ・ファイルを複数のファイル・システムに分散できます。 Image Serverは、データファイルが見つかるまで、指定された順序で代替パスを試します。

任意の種類の新しいデータファイルを、サーバを停止しなくてもいつでも追加できます。

このページ