データファイルの削除または置換

新しいデータファイルの追加は簡単で簡単ですが、サーバーで積極的に使用されている既存のデータファイルを置き換える際には、特別な注意が必要です。 このようなファイルを置き換えるだけでなく、置き換えるファイルに新しい名前を付けることをお勧めします(例:ファイル名にバージョンサフィックスを追加する)。 新しいファイルをライブにした後、古いバージョンを削除できます。

メモ

画像サービングで使用中のデータファイルは、置き換えたり削除したりしないでください。 エラーが発生したり、サーバーのクラッシュが発生したりする場合があります。

どの場合でも、更新されたデータがクライアントに表示される前に、Platform Serverのキャッシュとクライアントのキャッシュエントリが古くなる必要があります。 cache=validateコマンドを使用すると、特定のキャッシュエントリを即座に更新できます。

フォントファイルとICCプロファイルファイルの変更は、キャッシュマネージャーによって直接追跡されません。 このようなリソースがIDを変更せずに変更された場合、サーバーキャッシュは変更を認識せず、cache=validateはキャッシュエントリを更新しません。 cache=update は、このようなキャッシュエントリを強制的に再生成するために使用できます。

ファイルの置き換えに伴う複雑な問題を回避するために、置き換えるファイルに新しい名前を付け、対応するカタログエントリを更新することをお勧めします。 これにより、サーバーがライブ状態の間に任意のデータファイルを置き換えることができ、追加の介入を必要とせずに、サーバーキャッシュエントリが即座に古くなります。 この方法は、ICCプロファイル、フォント、および画像カタログで管理されるすべての画像に使用できます。

このページ