データファイルの削除または置き換え

新しいデータファイルの追加は簡単で簡単ですが、サーバーで積極的に使用されている既存のデータファイルを置き換える際は、特に注意が必要です。 このようなファイルを置き換えるだけでなく、置き換えるファイルに新しい名前を付ける(例えば、ファイル名にバージョンサフィックスを追加する)ことをお勧めします。 新しいファイルがライブ状態になった後は、古いバージョンを削除できます。

メモ

画像サービングで使用中の場合は、データファイルの置き換えや削除を行わないでください。 エラーが発生したり、サーバーがクラッシュしたりする場合があります。

どの場合でも、更新されたデータがクライアントによって表示される前に、Platform Server のキャッシュとクライアントのキャッシュエントリが古くなる必要があります。 特定のキャッシュエントリは、 cache=validate コマンドを使用します。

フォントファイルおよび ICC プロファイルファイルの変更は、キャッシュマネージャーによって直接追跡されません。 このようなリソースが ID を変更せずに変更された場合、サーバーキャッシュは変更を知らず、 cache=validate を指定すると、キャッシュエントリは更新されません。 cache=update を使用して、このようなキャッシュエントリを強制的に再生成することができます。

ファイルを置き換える際の複雑な問題を回避するには、置き換えるファイルに新しい名前を付け、対応するカタログエントリを更新することをお勧めします。 これにより、サーバーの稼働中に任意のデータファイルを置き換えることができ、追加の介入を行わなくても、サーバーのキャッシュエントリがすぐに古くなります。 この方法は、ICC プロファイル、フォント、および画像カタログで管理されるすべての画像に使用できます。

このページ