エラー時にリダイレクト

ISサーバーは、正常に開くことや読み取りができないソースイメージを含む要求に対して、代替サーバーにフェイルオーバーするように設定できます。

次のタイプのリクエストがリダイレクトされます。

  • ISカタログにあるがディスクにない画像。

    画像がカタログにない場合、画像が見つからないときにエラーリダイレクトは発生しません。

  • 破損した画像、カラープロファイル、またはフォント。

  • 静的コンテンツがディスクに見つかりません。

    静的コンテンツ要求は、参照されている静的コンテンツにカタログレコードがない場合でも、ディスク上で見つからないとリダイレクトされます。

エラーのリダイレクトは、それ以外の場合には発生しません。

有効にすると、リクエストの処理中にこのようなエラーが発生した場合、プライマリサーバーは処理のためにセカンダリサーバーにリクエストを送信します。 応答は、成功と失敗のどちらを示しているかに関係なく、クライアントに直接転送されます。 プライマリサーバーは、キャッシュを使用して、転送された要求のログエントリをマークします。 REMOTE 応答データは、プライマリサーバーによってローカルにキャッシュされません。

エラーリダイレクトは、PS::errorRedirect.rootUrlをセカンダリサーバーのHTTPドメイン名とポート番号に設定すると有効になります。 さらに、接続タイムアウトはPS::errorRedirect.connectTimeoutで設定され、クライアントにエラーを返す前にプライマリサーバーがセカンダリサーバーからの応答を待機する最大時間はPS::errorRedirect.socketTimeoutで設定されます。

メモ

セカンダリサーバーに接続できない場合は、デフォルトのイメージまたはエラーイメージが設定されていても、テキストエラー応答がクライアントに返されます。

メモ

ネットパス内のパイプ文字(|)は、エラーのリダイレクトに対してはサポートされていません。

関連項目

エラーリダイレクト

このページ