静的な(画像以外の)コンテンツの提供

画像サービングを使用して、カタログ内の画像以外のコンテンツを管理し、個別の/is/contentコンテキストを介して提供できます。

この機能を使用すると、各項目のTTLを個別に設定できます。

画像サービングは、/is/contentで次のコマンドをサポートしています。

type

コンテンツタイプのフィルター。

req

req=userdata req=props および req=existsの み。

キャッシュ

クライアント側のキャッシュを無効にできます。

基本構文

リクエスト

http:// server /is/content[/catalog/ item ][? 修飾子 ]

server

server_address [ : ポート ]

カタログ

カタログ識別子。

item

静的コンテンツ項目ID。

modifiers

command *[& command ]

command

cmdName = value

cmdName

サポートされているコマンド名の1つ。

value

コマンドの値。

静的コンテンツカタログ

静的コンテンツカタログは画像カタログに似ていますが、サポートされるデータフィールドは少なくなります。

属性/データ

説明

catalog::Id

この静的コンテンツ項目のカタログレコード識別子です。

catalog::Path

このコンテンツ項目のファイルパスです。

catalog::Expiration

このコンテンツ項目のTTL。 attribute::Expiration は、指定しない場合や空の場合に使用されます。

catalog::TimeStamp

ファイル変更のタイムスタンプ属性::CacheValidationPolicy でカタログベースの検証が有効な場合に必須です。

catalog::UserData

この静的コンテンツ項目に関連付けられたオプションのメタデータ; req=userdata を使用して、クライアントに提供されます。

catalog::UserType

オプションのデータ型;は、 type=コマンドを使用して、静的コンテンツの要求をフィルタリングするのに使用できます。

静的コンテンツのフィルタリング

このメカニズムは、クライアントがニーズに合ったコンテンツのみを受け取るようにするのに役立ちます。 静的コンテンツに適切なcatalog::UserType値のタグが付けられている場合、クライアントはリクエストにtype=コマンドを追加できます。 画像サービングでは、type=コマンドによって提供された値をcatalog::UserTypeの値と比較し、不一致の場合は、不適切なコンテンツではなくエラーを返します。

ビデオキャプションファイル

ビデオキャプションファイル(WebVTT)、CSSまたは任意のテキストファイルをJSONP形式でカプセル化できます。 JSON応答について以下に説明します。

  • WebVTTファイルの場合、応答のMIMEタイプはtext/javascriptです。 JSONが返されない。代わりに、JSONを使用してメソッドを呼び出すJavaScriptが返されます。 IDとハンドラーの両方はオプションです。
  • CSSファイルの場合、応答のMIMEタイプはtext/javascriptです。 IDとハンドラーの両方はオプションです。
  • デフォルトでは、正しくデコードされるように、UTF-8エンコードが適用されます。 デフォルトのサイズ制限は2 MBです。

また、他の種類の時間指定メタデータにトラックを使用することもできます。 各トラックエレメントのソースデータは、時間指定キューのリストで構成されたテキストファイルです。 キューには、JSONやCSVなどの形式のデータを含めることができます。

JSONP形式について詳しくは、http://en.wikipedia.org/wiki/JSONPを参照してください。

JSON形式について詳しくは、www.json.orgを参照してください。

関連項目

type=req=画像カタログの参照

このページ