RootUrl

相対画像URLのルートURL 相対画像URLのルートURLを指定します。

attribute::RootUrl は、 attribute::RootPath または src= mask= 値が{波括弧}または(丸括弧)で囲まれている場合の代わりに使用されます。

プロパティ

テキスト文字列の値。 先頭のプロトコル識別子を含む、絶対URLルートパス。 次のプロトコルがサポートされています。HTTP、HTTPSおよびFTP。

初期設定

定義されていない場合はdefault::RootUrlから継承されます。 定義済みで空の場合、相対URLはこの画像カタログではサポートされません。

関連項目

src= , mask=, attribute:RootPath, ruleset::PathRule

このページ