RootPath

ソースデータのルートパス。 この画像カタログのソースデータのルートフォルダーの絶対パスまたは相対パス。

RootPathはテキスト文字列値です。 サーバーのルートパスの詳細については、「ソースデータの管理」を参照してください。

プロパティ

テキスト文字列。 空、有効な相対フォルダーパス、またはImage Serverがアクセス可能な有効な絶対パスである必要があります。

初期設定

定義されていない場合はdefault::RootPathから継承されます。 定義されているが空の場合、はソースファイルのルートパスに影響しません。

関連項目

catalog::Pathcatalog::MaskPathruleset::PathRule、ソースデータの 管理

このページ