LocaleStrMap

文字列変換マップ。 任意の数のinternalLocIdにマップできるlocIdを参照します。

* **['|' *itemitem*]

品目

locale , locId *[',' locId ]

locale

ロケール(大文字と小文字は区別されません)。

locId

内部ロケールID。

LocaleStrMap は、任意の数 locId にマップできる internalLocId

空の​locale​値は、空および不明なlocale=文字列と一致します。 これにより、不明なロケールに対するデフォルトのルールを定義できます。

空の​locId​値を許可し、defaultString​を選択します(defaultString​にはロケール識別子がありません)。 locId の値は、指定された順序で検索されます。最初の一致が返されます。

文字列変換は、有効な場合、次の画像カタログフィールド内のテキスト文字列に適用されます。

カタログフィールド フィールド内の文字列要素

catalog::ImageSet

変換可能な文字列を含むサブ要素(区切り文字「,」、「;」、「:」、フィールドの開始/終了」、またはその両方の組み合わせで区切られます)。

ローカライズ可能なフィールドの先頭の 0xrrggbb カラー値は、ローカライゼーションから除外され、変更せずに渡されます。

catalog::Map

coords= および shape= 属性の値を除く、単一または重複で引用符で囲まれた任意の属性値。

catalog::ターゲット

ターゲットの値。*.label ターゲット。*.userdata プロパティ。

catalog::UserData

任意のプロパティの値。

プロパティ

1つ以上の項目、区切り |を指定します。各項目は、コンマ区切りの2つ以上の文字列値で構成されます。

関連項目

ローカライゼーションのサポート, locale=, attribute::LocaleMap, catalog::ImageSet, catalog::Map, catalog::ターゲット, カタログ:userData

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free