ResMode

デフォルトの再サンプリングモード。 画像データの拡大縮小に使用するデフォルトの再サンプリングおよび補間属性を指定します。

リクエストでresMode=が指定されていない場合に使用されます。

プロパティ

列挙 bilinの場合は2、bicubの場合は3、sharp2の場合は4に設定します(詳しくは、 [resMode=](/docs/dynamic-media-developer-resources/image-serving-api/image-serving-api/attributes/r-is-cat-resmode.html?lang=ja#reference-609095ef568743a086f28d87c54dafa2)を参照)。 sharp (1)は非推奨(廃止予定)となりました。最良の結果を得るには、代わりにsharp2 (4)を使用してください。

初期設定

default::ResModeから継承されます(定義されていない場合または空の場合)。

関連項目

resMode=

このページ