FullMatch

カタログの一致オプション

カタログエントリは、HTTPリクエストで*rootId*/ *imageId*のペアとして指定されます。 解析時に、*rootId*がカタログのattribute::RootId値と一致する場合はカタログが選択され、*imageId*catalog::Id値が一致するとカタログレコードが識別されます。 カタログが見つかったが、*imageId*に一致するカタログエントリがない場合、サーバは次の2つのいずれかを実行できます。

attribute::FullMatchが設定されていない場合、サーバは一致したカタログの属性を使用します。 この場合、*rootId*attribute::RootPath(またはdefault::RootPath(このカタログで指定されていない場合)に置き換えられます。

attribute::FullMatchが設定されている場合、一致するカタログがない場合と同様に、サーバはカタログを完全に無視し、初期設定のカタログ属性を使用して処理を続行します。 この場合、*rootId*はパスの一部として残ります(default::RootPathの先頭に付加されます)。

プロパティ

フラグ。 初期設定の動作は0に、完全一致動作は1に設定します。

初期設定

定義されていない場合や空の場合はdefault::FullMatchから継承されます。

関連項目

attribute::RootId , catalog::Id

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free