ソースデータ

画像レンダリングソースデータファイルには、ビネットファイル、マテリアルファイル(繰り返し可能なテクスチャやデカルの画像、キャビネットやウィンドウカバリングのスタイルファイル)、ICCプロファイルが含まれます。

すべてのソースデータファイルは、画像レンダリングのネイティブコードコンポーネントからアクセスできる必要があります(Image Serverと相互に配置)。

マテリアルカタログが関係する場合、マテリアルカタログで指定されているファイル(vignette::Pathcatalog::Path、またはicc::ProfilePathを含む)は、次のようにRender Serverによって検索されます。

  • 絶対パスの場合は、そのまま使用されます。
  • パスが相対パスの場合は、(名前の付いたマテリアルカタログから)catalog::RootPathというプリフィックスが付きます。
  • 絶対パスの場合は、そのパスが使用されます。それ以外の場合は、(デフォルトのカタログから)「default::RootPath」というプリフィックスが付きます。
  • 絶対パスの場合は、そのパスが使用されます。それ以外の場合、サーバはir.resourceRootPathsで指定されたパスとこのパスを結合します。
  • パスが絶対パスになった場合は、そのパスが使用されます。それ以外の場合は、*[!DNL install_folder]*に対する相対値と見なされます。

画像カタログが関係しない場合、パスはdefault::RootPathと組み合わされ、上記のように処理されます。

通常、ソースデータファイルの物理的な場所は、ir.resourceRootPathsで指定します。 複数の値を指定して、ソース・データ・ファイルを複数のファイル・システムに分散させることができます。 Render Serverは、データファイルが見つかるまで、指定された順序で各パスを試します。

任意の種類の新しいデータファイルを、サーバを停止しなくてもいつでも追加できます。

このページ