マテリアルカタログ

マテリアルカタログには、多くのイメージレンダリング設定が用意されています。

マテリアルカタログは、要求で使用されるビネットとマテリアルIDを実際のファイルパスにマッピングし、マテリアルに関連付けられたすべてのメタデータを保存し、テンプレートのコンテナを提供します。 ICCプロファイルとコマンドマクロを追跡します。

マテリアルカタログは、イメージレンダリングのJavaコンポーネント(プラットフォームサーバと共に配置)からのみアクセスできます。 カタログ属性ファイルには.iniサフィックスが必要で、登録済みのカタログフォルダー(ir.catalogRootPath)に配置します。 初期設定のマテリアルカタログ(default.ini)は常に存在し、画像サービングを正しく機能させるために、すべての属性を設定する必要があります。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now