メモリに関する考慮事項

画像レンダリングで使用されるメモリ量は、実際のサーバー負荷と使用状況に大きく依存し、大きく異なる場合があります(例えば、少数のビネット、ビネットのサイズ、複雑さなど)。

最高のパフォーマンスを得るには、メモリページング(スワップ)を回避する必要があります。

画像レンダリングは、Image Serverのメモリ管理を共有します。 画像レンダリングを使用する場合は、追加のメモリを割り当てる必要があります。 物理メモリの30~50%は合理的な場合があります。

Image Serverのメモリ割り当て(ImageServer::PhysicalMemory)を変更する方法については、画像サービングのドキュメントを参照してください。

このページ