有効期限

最終更新日: 2022-06-02
  • 作成対象:
  • Developer
    User

クライアントキャッシュの有効期間。 有効期限が切れるまでの時間数。 クライアントおよびプロキシサーバーのキャッシュを管理するために使用します。

詳しくは、 catalog::Expiration 」を参照してください。

プロパティ

実数、-2、-1、0 以上 応答画像が生成されてから有効期限が切れるまでの時間数。 常に応答イメージを即座に期限切れにするには、0 に設定します。これにより、クライアントのキャッシュが効果的に無効になります。 -1 に設定して次の名前にします。 never expire;この場合、サーバーは常に条件に応じて 403 ステータスを返します。 GET リクエストを送信する際に、ファイルが実際に変更されたかどうかを確認する必要はありません。 -2 に設定すると、 attribute::Expiration.

初期設定

attribute::Expiration フィールドが存在しない場合、値が —2 の場合、またはフィールドが空の場合に、が使用されます。

関連項目

attribute::Expiration , catalog::Expiration, req=

このページ