カタログデータファイル

カタログデータファイルには、任意の名前とファイルサフィックス(.iniを除く)を付けることができます。

カタログデータファイルは、Microsoft ExcelやAccessなど、タブ区切りのテキストデータファイルをサポートするアプリケーションを使用して簡単に管理できます。

基本的に、カタログデータファイルは、データ列と任意の数のデータレコード(行)を識別するヘッダーレコードで構成されます。 ヘッダーレコードとデータレコードの両方のフィールドは、1つの<TAB>文字で区切られます。 レコードは、1つの<CR>(ASCIIコード0xD)、1つの<LF>(ASCIIコード0xA)、または<CR><LF>のペアで区切られます。

ヘッダーレコードには、各データフィールドの正確な名前を含める必要があります。 ヘッダー行では、空のフィールドは使用できません。 データフィールド名では大文字と小文字が区別されません。 すべてのフィールド名は一意である必要があります。

ヘッダーレコードとデータレコードでは、<TAB>フィールドの区切り文字以外の空白は使用できません。

データレコードで、2つの文字が隣接して<TAB>されている場合、空のフィールドを示します。 空のフィールドは、カタログ属性またはサーバーのデフォルト値からデフォルト値を継承します。

データ値の型がテキストで、一重引用符または二重引用符で囲まれていない限り、データフィールドに<CR><LF><TAB>の文字を含めることはできません。 データフィールドはHTTPエンコードしないでください。

特に断りのない限り、同じフィールド内の複数のデータ値はコンマ(',')で区切られます。

名前が「。」で始まる列 は無視されます。これにより、イメージレンダリングに関心のないマテリアルカタログにデータを保存できます。 ヘッダー名が不明な列は無視され、警告がログファイルに書き込まれます。

フィールド名は、ASCII文字、数字、「 — 」と「_」の組み合わせで構成することができます。

1つ以上の列をインデックスキーとして使用できます。 同じデータファイル内で同じキーが複数回発生した場合は、後のインスタンスが優先されます。

このページ