カタログ属性ファイル

カタログ属性ファイルには任意の名前を付けることができますが、.iniファイルのサフィックスを付ける必要があります。 これらは、任意のテキストエディターを使用して簡単に管理できます。

カタログ属性ファイルは、1つの<CR>(ASCIIコード0xD)、1つの<LF>(ASCIIコード0xA)、または<CR><LF>の組で区切られた一連のテキストレコードで構成されます。 各レコードは、属性名と1つ以上のコンマ区切りの属性値で構成されます。

* *= * *&#42;[, *namevaluevalue*]{<CR>|<LF>|<CR><LF>}

name

属性名には、1つ以上の文字、数字、「 — 」および「_」を使用できます。大文字と小文字は区別されません。

value

属性値 <CR> 文字または <LF> 文字を含めないでください。ただし、改行文字の直前に1つのバックスラッシュでエスケープする場合を除きます。

  • トークン間の空白はオプションです。
  • 属性名が不明なレコードは、Platform Serverでは無視されます。
  • 属性名は、ASCII文字、数字、「 — 」、「_」、「。」の任意の組み合わせで構成できます。
  • 同じ属性ファイル内に同じ属性名が複数存在する場合は、最後に見つかった属性名が優先されます。
  • 最初の文字として「#」を使用し、任意のレコードをパーサーによって無視されるコメントとしてマークします。

このページ