マテリアルカタログの概要*

マテリアルカタログは、ビネット、マテリアル、およびICCプロファイルなどのサポートデータに関する情報をサーバに提供します。

各マテリアルカタログは、必要な​カタログ属性ファイル​と、オプションの​カタログデータファイル​のセットで構成されます。

  • ビネットとテンプレート、および関連するメタデータを定義するビネットマップファイル。
  • マテリアルデータファイルは、マテリアルを定義し、関連するテクスチャイメージファイルとメタデータを指定します。
  • リクエストマクロの定義を提供するマクロ定義ファイル。
  • ICCカラープロファイルを定義するプロファイルマップファイル。

カタログデータファイルは、カタログ属性ファイル内のファイル参照によってマテリアルカタログに関連付けられます。 同じカタログデータファイルを複数のマテリアルカタログで共有できます。

カタログ属性ファイルには、.iniファイルのサフィックスが付き、画像レンダリング​カタログフォルダー(PlatformServer::ir.catalogRootPath)内に存在する必要があります。 カタログデータファイルは、同じフォルダまたはRender Serverがアクセス可能な他のフォルダに配置できます。

マテリアルカタログを更新する

サーバは、カタログフォルダを継続的に監視し、メインカタログ属性ファイルが変更されたことを検出すると、関連するカタログデータファイルを含むマテリアルカタログを自動的に再ロードします。 したがって、サーバ上のマテリアルカタログを更新するには、まず、変更が必要なすべてのカタログデータファイルを置き換えてから、カタログの再読み込みをトリガーするカタログ属性ファイルを置き換えます(「タッチ」)。

デフォルトのカタログ

既定のカタログは、すべてのマテリアルカタログのすべてのカタログ属性の既定値を提供します。 特定の属性が特定の材料カタログに見つからない場合、サーバは代わりに既定のカタログの対応する値を使用します。 同様に、デフォルトのカタログを使用して、特定のカタログデータレコード(マテリアルとICCプロファイル)のデフォルトを提供できます。 特定のデータレコードが特定のマテリアルカタログに見つからない場合、サーバは代わりに既定のカタログで見つけようとします。 これにより、マテリアルカタログをほとんど入力せず、共有テンプレート、マクロ、フォントなどのグローバル属性やデータの管理を簡素化できます。

また、特定の材料カタログが操作に関係していない場合、デフォルトのカタログはすべての属性とデータレコード(ICCプロファイル)を提供します。

Render Serverを正しく機能させるには、デフォルトのカタログのカタログ属性ファイルにdefault.iniという名前を付け、常にカタログフォルダに存在し、attribute::RootIdを除く必要なすべての属性と各種カタログデータファイルへの参照を完全に設定する必要があります。

関連項目

PlatformServer::ir.catalogRootPath

このページ