OnFailObj

オブジェクト選択エラーの処理。 obj=コマンドが失敗した場合に、ビネットオブジェクト階層で指定のパスが一致しないことが原因で実行されるアクションを指定します。

プロパティ

列挙。

0

既定::OnFailObj から継承します。

1

以前の選択内容を維持.

2

選択を解除マテリアルの適用や、オブジェクトの表示/非表示を試みても無視されます。

3

エラーを返す.

4

初期設定のグループ(レンダリング可能なオブジェクトを含むビネット階層の最初のグループ)を選択します。

初期設定

定義されていない場合はdefault::OnFailObjから継承されます。

関連項目

obj= , attribute::OnFailSel

このページ