有効期限

デフォルトのクライアントキャッシュの有効期間。 特定のカタログレコードに有効なcatalog::Expirationまたはvignette::Expiration値が含まれていない場合や、ビネットファイルやマテリアルファイルにカタログレコード経由ではなく直接アクセスする場合の、既定の有効期限間隔を指定します。

プロパティ

0以上の実数。 応答データが生成されてから有効期限が切れるまでの時間数。 0に設定すると、常に返信イメージの有効期限が即座に切れ、クライアントのキャッシュが効果的に無効になります。 -1に設定すると、無期限​とマークされます。

初期設定

default::Expirationから継承されます(定義されていない場合または空の場合)。

関連項目

catalog::Expirationvignette::Expiration

このページ