ErrorDetail

エラーメッセージの詳細。 HTTP経由で返されるエラーメッセージの詳細レベルをerror.message値として指定します。

タイトル

次の値を指定できます。

0

タイトルのみ。 エラーの一般的な短い説明を返します。

1

簡単なメッセージ。 将来的に使用するために予約されています。 現在、0と同じ情報を返します。

2

詳細なメッセージ。 エラーに関するユーザーレベルの詳細を表示します。 ファイルパスなど、機密性の高い情報を含めることができます。

3

完全なデバッグ情報。 該当する場合にJavaスタックトレースを追加します。 エラーイメージにはスタックトレースが含まれず、代わりに $error.messageにレベル2の情報が返されます。

  • 一般にアクセスできるライブサーバーにはレベル0をお勧めします。
  • ステージング、品質保証およびアプリケーション開発サーバーには、レベル2が推奨されます。
  • レベル3の情報は、Dynamic Mediaのテクニカルサポートに対するレポートの問題が発生した場合に役立ちます。

プロパティ

列挙値。0、1、2または3である必要があります。

初期設定

指定しなかった場合や空の場合はdefault::ErrorDetailから継承。

関連項目

attribute::ErrorImage

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free