ネストされた画像レンダリング要求

高度なアプリケーションでは、レンダリング操作の結果を、画像サービングから取得した画像と同様に、マテリアル画像として使用できます。

レンダリング要求は、次のようにsrc=コマンドで指定することで、マテリアルイメージとして使用できます。

…&src=ir{ *[!DNL renderRequest]*}&…

irトークンでは大文字と小文字が区別されます。

ネストされた要求には、画像レンダリングのルートパス(通常はhttp:// *[!DNL server]*/ir/render/')を含めることはできませんが、前処理ルールトークンを含めることができます。

ネストされた要求(要求URL、catalog::Modifier、またはcatalog::PostModifier)で指定した場合、次のコマンドは無視されます。

  • fmt=
  • qlt=
  • icc=
  • iccEmbed=
  • printRes=
  • req=
  • bgc=

また、ネストされたレンダリング要求に適用されるマテリアルカタログのattribute::MaxPixattribute::DefaultPixも無視されます。

入れ子にされたIR要求のイメージ結果は、cache=onを含めることで、オプションでキャッシュできます。 デフォルトでは、中間データのキャッシュは無効になっています。 キャッシュは、中間イメージが別の要求で妥当な期間内に再利用されると予想される場合にのみ有効にする必要があります。 標準のサーバー側キャッシュ管理が適用されます。 データは可逆の形式でキャッシュされます。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free