埋め込み画像サーバーのリクエスト

Image Server(IS)要求は、マテリアルイメージとして使用できます。

src=コマンドで、次のように要求を指定します。

…&src=is( *imageServingRequest*)&…

isトークンでは大文字と小文字が区別されます。

ネストされたリクエストには、画像サービングのルートパス(通常はhttp:// server/is/image/")を含めることはできませんが、前処理ルールトークンを含めることもできます。

ネストされたリクエストで(リクエストURL、catalog::Modifiercatalog::PostModifierのいずれかで)指定された場合、次のISコマンドは無視されます。

  • bgc=
  • fmt=
  • icc=
  • iccEmbed=
  • printRes=
  • qlt=
  • quantize=
  • req=

また、埋め込みISリクエストに適用される画像カタログのattribute::MaxPixattribute::DefaultPixも無視されます。

ネストされたリクエストの結果イメージにマスク(アルファ)データが含まれる場合、常にマテリアルに渡されます。 不要なアルファを避けるには、べた塗りの背景画像レイヤーを使用します。

埋め込みIS要求のイメージ結果は、必要に応じてcache=onを含めることでキャッシュできます。 デフォルトでは、中間データのキャッシュは無効になっています。 キャッシュは、中間画像が適切な期間内に別のリクエストで再利用されると予想される場合にのみ有効にする必要があります。 標準のサーバー側キャッシュ管理が適用されます。 データは可逆形式でキャッシュされます。

このページ