選択コマンド

これらのコマンドは、ビネットグループ、オブジェクト、グループまたはオブジェクトのサブ領域を選択するために使用されます。

この選択コマンドの後、次の選択コマンド(またはリクエストの終了)が選択項目に適用される前に、コマンド、またはマテリアル、またはその両方が指定されます。 選択コマンドは、材料仕様セグメント(MSS)を区切ります。

obj

ビネットグループまたはオブジェクトを名前で選択します。

sel

ビネットグループまたはオブジェクトをピクセル位置で選択します。

デカール

選択したオブジェクトのデカル転写領域を選択します。

sub

選択したグループまたはオブジェクトのサブ領域を選択します。

このページ