この例では、画像サービングを使用してオブジェクトに色を付け、ビネットのセットの1つにカスタムテキストを含むデカールを適用します。

IR変数は、ビネット、ロゴ画像、カスタムテキストを識別するために使用されます。

マテリアルカタログmyCatのビネットマップ内の​template​というレコード内のvignette::Modifierフィールドには、次の情報が含まれます。

$vig=defaultVignette&$text=text_goes_here&$color=220,220,220&vignette=myCat/$vig$&obj=group/object&color=$color$&decal&src=is{?size=300,100&text={\qc\fs36 $text$}}

使用されるビネットはすべて、マテリアルカタログmyCatのビネットマップに一覧表示されます。

クライアントは次のリクエストを行って、デフォルトの画像を取得できるようになりました(これはテンプレートの最初に定義された変数を使用します)。

[!DNL https://server/myCat/template]

次のリクエストは、レンダリングする特定のコンテンツを指定します。

[!DNL https://server/myCat/template?$vig=specialCup&$text=Happy%20Birthday!\line%20Pauline&$color=230,20,20]

画像サービングtext=コマンドについて詳しくは、画像サービングのドキュメントを参照してください。

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free